買取業者に依頼して廃車を処分|信頼できる業者を探そう

  1. ホーム
  2. 低価格が魅力

低価格が魅力

交通事故

購入を決めるポイント

中古車販売店の中には、事故車を事故車だと明確に提示して販売しているところもあります。何といっても事故車ですから、通常、中古車市場よりも低い価格で販売されており、その点が事故車の大きな魅力です。その販売価格の安い事故車を買うべきか買わないべきか、それを判断するために必要となるのが試乗です。試乗をしてみて路面状況が悪い道ではないのにハンドルが振動する、また、ハンドルから手を離すと真っ直ぐ走らないというのであれば、購入はやめておくべきです。もし、それらの現象が起こらなかったとしても、即購入というのは駄目であり、販売店の人にしっかりとした説明をしてもらい、保障の有無や保証期間も確認するべきです。ただ、その一方で、事故車に関する正しい知識も事前に得ておく必要があると言えます。事故車とは、通常、修復歴のある車のことを指し、その修復歴も車の骨格部分のみに限られています。従って、事故でドアやフロントガラスが損傷し、それらを交換したとしても、骨格部分に損傷がなく、修復をしていなければ、通常は事故車ではないのです。しかし、販売店によっては修復歴がなくても事故による損傷で大きなパーツを交換したり、修理している車を事故車としている販売店もあります。そういった車は修復歴がある車よりも格段に安全ですから、修復歴に有無を確認するべきです。ちなみに、修復歴があるにもかかわらず、それを隠して販売している悪徳な中古車販売店もありますから、注意が必要です。